2009年3月アーカイブ

タスク管理にはtaskmanを使っているが、再起動はBatteryMonitorで行っていた。
しかし、taskmanにも再起動機能があることがわかり、便利に使えるようになった。
起動するとタスク管理ウィンドウが開くが、そのときに上下カーソルキーを押すと画面OFF、サスペンド、再起動が選択できる。

Treo ProのGPSのCOMポートは、当初デフォルトのままで使っていたのだが、PocketMappleDigitalでGPSデータのログを保存するためには、COMポートを設定する必要があるため、COM2に変更した。Settings-ExternalGPS-ProgramsでCOM2に変更し、PocketMappleDigitalとGoogleMapのGPSの設定で、同じくCOM2に変更する。
デフォルトの時よりはCOM2に変更した方が、GPS衛星が捕捉しやすくなったようだ。また、PocketMappleDigitalよりはGoogleMapの方がGPS衛星を捕捉しやすいような気がする。


今日は近所を散歩するときに、Treo Proのサスペンドを無効にして、PocketMappleDigitalを起動し、GPSを有効にして軌跡データをログに取ってみた。
母艦のSDMにGPSデータを取り込んで表示したものが下記だが、はほぼ歩いた経路全てのデータが表示されている。軌跡データは道路上にプロットされており、ずれは非常に少ない。また、途中何カ所か途切れているが、再開後もずれは少ない。




遅ればせながら、昭文社のSuperMappleDigital Ver.9ダウンロード版を購入した。
母艦にインストールするとWindowsMbile用のPMD9_WM5.CABが生成されるので、これをTreo Proにインストールした。

今日東京に出かけた際に、PocketMappleDigitalを起動し、GPSを有効にして軌跡データをログに落としてみた。JR四ッ谷駅方面から半蔵門に向かって徒歩で移動したデータだ。
帰宅後、母艦のSDMにGPSデータを取り込んで表示したのがこれだが、データが途切れ途切れになっており、蛇行が激しいという結果になった。Treo ProのPower設定でサスペンドさせるようにしていたため、GPSデータを継続して取得できなかったと思われる。






WindowsMobileでは単にOKボタンを押しただけではそのアプリケーションは終了しない。
そこでタスク管理ソフトが必要となるのだが、Shell32Extensionを使うと「OK」ボタンを押すか、「×」をタップするだけでアプリケーションを終了できるようになる。
Shell32Ext.cplをWindowsにコピーして、SettingsからShell32Extensionを開きGeneralタブでチェックするだけで良い。


入手先:
 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hou_ming_2/view/20070409/1176052368






1  2  3