2009年10月アーカイブ

Windows Mobile 6.1のContactsのデータ項目(フィールド項目)は下記の通り。

1    Name
2    Title
3    First Name
4    Middle Name
5    Last Name
6    NickName
7    Suffix
8    Display Name
9    Picture
10    Job Title
11    Department
12    Company
13    Business Phone
14    Business Fax
15    Business Street
16    Business City
17    Business State
18    Business Postal Code
19    Business Country
20    IM
21    E-mail Address
22    Mobile Phone
23    Ring Tone
24    Web Page
25    Office Location
26    Home Phone
27    Home Street
28    Home City
29    Home State
30    Home Postal Code
31    Home Country
32    Categories
33    Other Street
34    Other City
35    Other State
36    Other Postal Code
37    Other Country
38    Pager
39    Car Phone
40    Home Fax
41    Company Main Phone
42    Business Phone 2
43    Home Phone 2
44    Radio Phone
45    IM2
46    IM3
47    E-mail 2 Address
48    E-mail 3 Address
49    Assistant's Name
50    Assistant's Phone
51    Manager's Name
52    Government ID Number
53    Account
54    Customer ID Number
55    Birthday
56    Anniversary
57    Spouse
58    Children
59    Notes
60    Notes Ink
61    Last Name (Yomi)
62    First Name (Yomi)
63    Company (Yomi)

医療崩壊の真犯人 (PHP新書)

 

最近「○○崩壊」という言葉をよく見聞きする。金融崩壊、資本主義崩壊、学校崩壊、そしてこの本のタイトルの医療崩壊である。国民にとって重要な社会基盤が崩壊の危機に瀕している。
本書でも、医療崩壊の実例として救急患者のたらい回し、医師・看護師の不足、公立病院の閉鎖などが紹介されるが、国民皆保険制度の崩壊も進行していることに注意が必要だ。 いずれも「財政再建」というかけ声により医療費が削減され続けていることが原因である。これによりサラリーマンの保険診療の自己負担は、1997年に2割に、2003年には3割に引き上げられた。
財政の効率化のみが正義であって、それに反するものはすべて悪であるという政治が行われてきたということだ。この考え方が、拝金主義や格差社会にもつながっていると思われる。また、「官から民へ」のかけ声によって、小泉内閣で進められた郵政民営化と同じような構図が浮かび上がる。
しかし、現民主党政権のもとで医療崩壊を食い止めるための見直しが始まっている。まだ先は見えない状況だが、これまでの政治も医療行政もあまりにも杜撰すぎたのだと思う。これまで、あまりに無頓着だったことを再認識した。

----内容(「BOOK」データベースより)
救急患者の「たらいまわし」、医療ミス頻発、医師不足、地域医療の荒廃、患者負担と保険料負担の増加...。医療制度に対する国民の不信・不安は、ここ数年で著しく高まっている。二〇〇〇年のWHOの発表で保健衛生システムの目標達成度が世界第一位と評価された日本が、なぜ医療崩壊への道を突き進んでしまったのか。財務省から厚生労働省へ出向中に医療制度改革に携わった元官僚が、医療制度のゆがみとそれを生んだ政策決定の過程を解説。さらに安心・信頼できる医療制度構築への方向を示す。

---- 目次(「BOOK」データベースより)
第1部 危機に瀕する日本の医療制度
 増加する救急患者の「たらいまわ し」
 医療事故の頻発で増幅される医師と患者の相互不信
 深刻化する医師不足問題
 病院閉鎖と病床削減で崩壊する地域医療
 増加する患者負担と保険料負 担)
第2部 「医療崩壊」の原因と求められる処方箋
 「医療崩壊」の原因を探る
 医療政策の決まり方
 二〇〇六年度医療制度改革の舞台裏
 安全・安心の 医療再生に向けて

東京物語 (集英社文庫)

 

奥田英朗とはほぼ同世代だが、出身地も違うし東京で青春時代を過ごしたわけでもなく(あ、いや23~24歳の2年間だけ浦和在住東京通勤をしたことがあるな)、コピーライターをしたこともない。しかし、主人公の言動や気持ちに共感できるところが多く、懐かしい気持ちで読んだ。6つの短編がほぼ年代順に収録されているのだが、ジョン・レノンが死んだ最初の第1話だけが順番が繰り上がっている。作者の思い入れなのだろうか?
当時のできごとをあちこちに登場させて、昔の記憶を呼び覚ましてくれた。ノグチユミコ氏の表紙のイラストも感じが出ていて非常に良い。

目次
・あの日、聴いた歌 1980/12/9
 大学を中退し広告代理店で働き出した頃のジョン・レノンが殺された日の出来事
・春本番 1978/4/4
 予備校のため上京数日後、時間つぶしに同じ高校出身者の下宿を訪ね後楽園でのキャンディーズの解散コンサートを場外で聴いた
・レモン 1979/6/2
 一浪して入った大学の演劇部で彼女が出来た話
・名古屋オリンピック 1981/9/30
 
・彼女のハイヒール 1985/1/15
  親に仕組まれて同郷の女の子とお見合いのようなことをされた日の出来事
・バチェラー・パーティー 1989/11/10
  独立して数年目、30歳直前のベルリンの壁が崩壊した日

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1978年4月。18歳の久雄は、エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りする退屈な町を飛び出し、上京する。キャンディーズ解散、ジョン・レノン殺害、幻の名古屋オリンピック、ベルリンの壁崩壊...。バブル景気に向かう時代の波にもまれ、戸惑いながらも少しずつ大人になっていく久雄。80年代の東京を舞台に、誰もが通り過ぎてきた「あの頃」を鮮やかに描きだす、まぶしい青春グラフィティ。

増上寺、東京タワー

user-pic
0
関東に移り住んで11年になるが、まだ東京タワーに行ったことがなかった。 JR浜松町駅から歩いていくと、まず増上寺がある。とにかく青空が広がっていて気持ちが良かった。


次に東京タワーの下から見上げてみる。
 

展望台から下を見ると、「www.newzealand.com」と書かれた卵形のドームが見えたが、何だろう?
調べてみると「ラグビーボール・パビリオン」なのだとか。
 http://www.newzealand.com/travel/ja/about-nz/features/giant-rugby-ball/giant-rugby-ball_home.cfm

自宅PC(XP Pro)とのActiveSync同期エラー「エラーコード8503001f」が解決し、会社PC(Vista)との同期エラーも解決し、やれやれと思っていたのだが、今日は自宅PCで「エラーコード85010014」が表示され同期できなくなった。
同期設定で、CalenderやContactsなど全てのチェックを外し、その後一つずつチェックを入れていくと同期できるようになった。

しかしその後も、会社PC(Vista)で同期すると、自宅PC(XP Pro)で「エラーコード85010014」が表示されるといういたちごっこ状態が続いている。


1  2  3  4