2009年8月アーカイブ

1ヶ月ほど前から、左足の足の裏(踵の裏)に石ころが挟まったような違和感・異物感があったのだが、そのうち歩くときに左足を着くと痛みを感じるようになった。
痛みの場所は、踵の内側の側面部分で、異物感がある場所とは違っていた。痛みの種類はビリッとするようなもので、それほどひどいものでもないのだが、歩くときに左足を着くと必ず痛むので苦痛だった。

痛み出して1週間ほどして、整形外科を受診しレントゲンを撮ってもらったところ、「踵の骨に棘(トゲ)ができています」と言われてビックリした。これは、足の裏の筋(足底腱膜)に過度な負担がかかったため、踵の骨と筋との接合部分が石灰化(骨化)して棘のようになったもの。棘と言われるといかにも痛そうだが、痛みは棘のためではなく、付近が炎症を起こしているからだということだ。

治療は、ひどくなれば注射、手術も行うが、これは最後の手段のため勧めない。炎症を抑えるには安静にするのが一番だが、歩かないわけにはいかないから、市販されている低反発素材の靴の中敷きを使うことを勧められた。また、炎症を鎮めるためにモーラステープという消炎テープも出してもらった。

近くのドラッグストアを見て回ったが、そう簡単に対策グッズは見つからなかった。かといって痛みはすぐに解消しないため、応急処置として行ったことは下記である。

・アイシング
 ケーキなど買ったときに付けてくれる、蓄冷剤・保冷剤を冷凍庫で凍らせて、それで足の裏をマッサージする。
・土踏まずのサポート
 靴の土踏まず部分に、ハンカチや古い靴下の切れ端を敷くと非常に楽になる。靴の中敷きの下側に入れるとずれないようだ。あまり厚くすると逆効果だ。
・靴紐をきつく締める
 今までは、履いたり脱いだりが楽なように靴紐を緩くしていたが、履く度にきつく縛り直すことにした。靴の中で足がずれないため痛みが軽減されるようだ。

Treo Proの設定手順(その他)

・ソフトキーボードの無効化
  GSFinder操作時に現れるソフトキーボードを表示させないため、TREでレジストリを編集する。
  [HKEY_CURRENT_USER\ControlPanel\Sip]"AllowChange"=dword:00000001の値を「0」に変更する。

・Calenderのリマインダの無効化
  [Program]からCalenderを起動し、[Menu][Tools][Options][Appointments]タブでチェックを外す。

・Error Reportingの無効化
  [Settings][System][Error Reporting]で「Disable error reporting」をチェックする。
  これにより、下右画像のエラー報告が表示されなくなる。
  

・不要なメニュー項目の削除
  標準では下左画像のように、不要な項目が多いので、/Windows/Start Menuの中のショートカットから削除または移動する。他に必要なメニュー項目があればショートカットを追加する。
  不要項目削除後の例は、下右画像。
  

・メニュー項目の追加
  アラーム設定などは[Settings][System]タブから行えるが、いちいちメニューを開いて行くのは面倒なので、メニュー項目に追加しておく。
 「Ararm」メニューの追加
  /Windows/clock.exeのショートカットを/Windows/Start Menuに作成し、名前をAlarmに変更する。StartMenuに表示されるため、目覚ましON/OFFなどが容易にできるようになる。
 「Powerexe」メニューの追加
  /Windows/powerexe.exeのショートカットを/Windows/Start Menuに作成する。名前はPowerexeとする。

・GPSポートの変更
  標準ではCOM4になっているが、COM2に変更した方が良いようだ。
  [Settings][System][External GPS][Programs]タブで変更する。
  これに合わせてPocketDigitalMapple、Google MapのGPS COMポートも変更する。

・フォントの変更

Treo Proの設定手順(アプリ設定)

当然だが、以下の設定は私自身の好みに基づく個人的なもの。

1.キーアサインの変更
 ・TMEdit
  左右のソフトキーに好みのアプリケーションを割り当てる。再起動後有効となる。
   左ソフトキー:taskman
   右ソフトキー:CommManager(設定するファイルは/Windows/CommManager.lnk)
 ・[Settings][Personal][Buttons][Program Buttons]タブでアプリケーションを割り当てる。
   App 3:OffisnalDate+
   Opt + Send:IMEToggle
   Push Side:KTCapt ・・EnableSideButton.exeの実行により使用可能となったもの
   Opt + App 3:OffisnalContact+
   Opt + App 4:〇号テキストエディタ

2.タスク管理
 ・標準のタスクマネージャを無効化
   [Settings][System][TaskManager][Button]タブのチェックを外す。
  
 ・Shell32Extensionの設定
   [Settings][System][Shell32Extension][General]タブの下記にチェックする。
  
 ・taskman
   TaskManSetting.exeを実行、またはtaskman.iniを編集して設定する。
   サスペンド時間は「0」にする。
------------------------------------------------------------------------------------------------
#タイマー設定(-1:設定なし,0:即時,1?9:指定した秒数で自動選択)
time=-1.0
#サスペンド時間(0:即時,1?5:秒数)
suspendtime=0
#デフォルトポジション(0:0番目のタスクを選択,1:1番目のタスクを選択)
defpos=0
#非表示タスク
hide=ActiveSync
hide=AfxFrameOrView80su
#非終了タスク
noclose=DesktopExplorerWindow
#noclose=Explore
------------------------------------------------------------------------------------------------
3.その他
 ・TreoM2SS
   [Program]からTreoM2SSを起動し、スクリーンセーバー対象をチェックする。
  

 ・GSFinder+
   [メニュー][表示]で「ツールバー」「ステータスバー」のチェックを外す。
   [表示形式]を「詳細」にする。
   [メニュー][ツール][オプション][表示]タブで「拡張子を表示しない」のチェックを外す。
   「ショートカットをつけない」にチェック。
   [フォント]タブでフォントを変更。
   最後に必ず[ファイル][終了]で終了する。

 ・TRE
   [表示][オプション]で[設定]ボタンを押し.regをTREに関連付ける。

 ・KTCapt
   [Program]からKTCapt(Option)を起動し、保存形式を[JPEG]に変更する。
   保存フォルダを[/My Documents/My Pictures]に変更する。

 ・NetFront
   デフォルトブラウザに設定する。
   [Menu][Tools][Browser Setting]の[Set as the default browser]にチェックする。
   デフォルトではブックマークが画像表示のためテキスト表示に変更する。
   [Menu][Tools][Browser Setting]の[Use Visual Bookmark]のチェックを外す。


 ・EnableWirelessPlugin.exe
 ・KMChecList(KMChecList.ARM.CAB)
 ・OffisnalDate+(OffisnalDate+6.cab)
 ・OffisnalContact+(OffisnalContact+6.cab)
 ・ZHE110WM50ARM.CAB
 ・MMSLite.1.1.303.wm6.cab


Treo Proの設定手順(Today関係)

1.Todayテーマの変更
 ・[Settings][Personal][Today][Appearance]で好みのテーマに変更する。
   Black2.tsk

2.Today表示アイテムの選択
 ・[Settings][Personal][Today][Items]タブで表示したいアイテムにチェックを入れる。
   tdLaunch
   rlToday

3.tdLaunchの設定
 ・本来は、[Settings][Personal][Today][Items]タブでtdLaunchを選択し、[Options]ボタンを押して設定できるはずだが、設定ボタンが画面からはみ出して表示されない(下左画像)。
 ・そこで、TodayHelperを起動しtdLaunchを選択し、[Options]ボタンを押すと画面スクロールが可能になり、設定ボタンも表示できる(下右画像)。
 ・tdLaunchの[Option]ボタンから、アイコンサイズを「16」に変更する。
  

4.rlTodayのスキン変更
 ・デフォルトは下記だが、ごちゃごちゃしているので変更する。
  
 ・デジタル時計+カレンダーのシンプルなスキンに変更する。
   スキン入手先:http://r-g2nd.acdp.net/log/eid112.html
   解凍しSimpleフォルダを/Program Files/rlTodayにコピーする。
   rlTodayを長押しし、[Option]で「Simple」に変更し、[Reload Skin]で設定を反映させる。
   このままだとフォントが小さいので、Simpleフォルダのskin.xmlを修正する。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<?xml version="1.0" ?>
<today height="100" refresh="100">
    <DigitalClock x="2" y="18" format="HH:mm">
            <Font size="50" weight="bold" font="Tahoma" />
    </DigitalClock>
    <Date x="3" y="1" format="yyyy/MM/dd(ddd)">
        <Font size="18" weight="bold" font="Tahoma" />
    </Date>
    <Calendar x="155" y="1" rasterx="22" rastery="13.5" saturdaycolor="RGB(100, 100, 255)" sundaycolor="RGB(255, 0, 0)" todaycolor="RGB(0, 255, 0)" todayimage="tm.png">
        <Font size="13" weight="bold" font="Tahoma" />
    </Calendar>
</today>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  <修正前>                    <修正後>
  


Treo Proの設定手順(必須アプリ)

1.必須アプリのインストール
 各アプリの設定は後回しにして、まずはとにかくインストールする。
 ・KillPorkPie.exe ・・日本語化時にインストール済みだが念のため記載
 ・GSFinder+(GSFinder-WM5J.CAB) ・・日本語化時にインストール済みだが念のため記載 
 ・Battery Monitor(BttMon_WM5.arm.CAB)
 ・EnableWirelessPlugin.exe
 ・KMChecList(KMChecList.ARM.CAB)
 ・KTCapt(KTCapt.arm.CAB)
 ・OffisnalDate+(OffisnalDate+6.cab)
 ・OffisnalContact+(OffisnalContact+6.cab)
 ・rlToday(rlToday.CAB)
 ・TodayHelper.arm.CAB
 ・tdLaunch4SE.arm.CAB
 ・ZHE110WM50ARM.CAB
 ・MMSLite.1.1.303.wm6.cab
 ・TreoM2SS005.arm.CAB
 ・SoftbankKB&WEmotions.cab
 ・TRE090P(TRE.arm.cab)
 ・NetFrontコンセプト版(NFB35EN_WMPRO_R0??CV.CAB)

2.インストーラーがないため、解凍したフォルダごとコピーする。
 ・EasyDialフォルダをProgram Filesにコピー
 ・taskmanフォルダをProgram Filesにコピー
 ・TMEditフォルダをProgram Filesにコピー

3.Windowsフォルダにコピーする。
 ・BatteryIndicator.exeをWindowsに上書きコピー。
 ・fieldgchg.cplをWindowsにコピー。
 ・gsgetfile.dllをWindowsに上書きコピー。
 ・multikyehook.cplをWindowsにコピー。
 ・Shell32Ext.cplをWindowsにコピー。

4.ついでに
 ・TREを起動し、全レジストリデータをエクスポートしておく。


1  2  3