2009年12月アーカイブ

リマスターCDの音質が良いのは分かっているのだが、それを目で確認するために同じ曲のノーマル盤とリマスター盤を同一コーデックで録音し、波形を比較してみた。
・比較した曲:The EaglesのHotel California
・録音コーデック:ATRAC Advanced Lossless 256kbps(SonicStageで録音)
・FFT解析:どちらもボーカルが始まった55s付近の波形で比較

それぞれの波形は、下記の通り。
これを見る限り、ノーマル盤とリマスター盤の違いは歴然としており、音が良いのは当たり前ということがわかった。

ノーマルCDの波形とFFTの波形
・音圧レベルが50%程度しかなく、左右のレベル差が大きいことがわかる(L>R)
・FFT波形から、20kHz以上が大幅に減衰していることがわかる

リマスターCDの波形とFFTの波形
・音圧レベルは左右ともに100%フルである
 振り切っているように見えるが、時間軸を拡大するとそうではないことがわかる
・FFT波形から、20kHz以上の減衰がないことがわかる


ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
ブラックペアン1988(下) (講談社文庫)



ちょうど1年ほど前に「螺鈿迷宮(上・下)」を読み、海堂尊の小説は読み納めにするはずだったのだが、「バチスタの原点」というキャッチコピーにつられて読んでしまった。やはり「チーム・バチスタの栄光」には到底敵わないものだった。
高階病院長が講師、田口先生が医学生で登場するというところは興味を引くのだが、そもそも小説としての完成度は低いと思われる。また、著者の表現は少し大仰かつ大袈裟なところがあり、著者や医学界の人にとってはそれがおもしろいのかもしれないが、私にはピンとこないのだ。例えば佐伯教授が高階講師のことを「子天狗」と呼んだり、食道自動吻合器を「白い狙撃銃」と表現したりするところに、感覚のズレを感じる。ユーモアというより悪ふざけのように感じる。
やはり、バチスタを超える作品は望めないと思われる。海堂尊の小説は本当にこれで終わりにしよう。

内容(「BOOK」データベースより)
(上巻)
一九八八年、世はバブル景気の頂点。「神の手」をもつ佐伯教授が君臨する東城大学総合外科学教室に、帝華大の「ビッグマウス」高階講師が、新兵器を手みやげに送り込まれてきた。「スナイプAZ1988」を使えば、困難な食道癌の手術が簡単に行えるという。腕は立つが曲者の外科医・渡海が、この挑戦を受けて立つ。「チーム・バチスタの栄光」へと続く、原点。
(下巻)
スナイプを使ったオペは、目覚ましい戦績をあげた。佐伯教授は、高階が切った啖呵の是非を問うために、無謀にも若手の外科医のみでのオペを命じる。波乱含みの空気のなか、ついに執刀が開始された―。ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』に繋がる、現役医師も熱狂する超医学ミステリー。

自宅にはフレッツ光を引き、無線LANを導入しているため、自宅内ではSoftbank接続ではなく、WiFi経由フレッツ光でインターネットに接続したいと思っている。WiFiを内蔵したTreoProを購入した大きな理由の一つだ。
しかし、WiFiをONにするとメモリ不足と思われる不具合が発生して、tmailでメールが開けない、tmailが起動しない、GSFinderがグレー画面になるなどの症状が発生し、リセットを余儀なくされていた。
・tmailでのエラー症状
メールの受信一覧画面でOKキーを押すと、画面はそのままで左ソフトキーがReplyと表示される。つまり本来受信メールの内容表示されるはずなのだが、画面は一覧表示のまま、ソフトキーのみ内容表示になっているということで、表示の不具合である。この状態で一旦tmailを終了すると再度tmailを起動することはできない。
・GSFinderでのエラー症状
GSFinderを起動すると画面がグレーになってしまう。

いずれも再起動(リセット)すると直るが、再現性があるため、WiFiでメール受信するとまた発生する。
しかし、次の手順で行うとメモリ不足の症状は起こりにくくなるようだ。
・tmail起動(起動させておくだけ)
・CommManager起動
・PhoneOFF→WiFiON
 (CommManagerは終了しない)
・タスクをtmailに切り替える
・メール送受信、NetFrontなどを使用
 (使用後はtmailタスクを終了させない方が良いようだ)
・タスクをCommManagerに切り替え
・WiFiOFF→PhoneON
・CommManager終了
 (CommManagerタスクは終了しない方が良いようだ)

ただし、これも何度か繰り返すとメモリ不足になってしまう。そのときは再起動しかない。

Windows Mobile デバイスセンターやActiveSyncでの同期エラーに嫌気がさして、他の方法を探してみた。
要するに直接同期させるのではなく、第三のデータベースをインターネット上に持ち、Treo ProもPCもそれと同期させれば良いわけで、真っ先に候補となるのがGoogleである。
データ漏洩など気になるところもあるが、予定表データに限定すれば問題ないと考えた。さすがに連絡先データをアップロードするのは躊躇されるので対象外とする。

WindowsMobile用のアプリとして、POsyncというものがある。早速インストールして試してみたが、何の問題もなくサクサクと繋がった。
POsyncの画面は下のようになっており、当然ながらGoogleのアカウント(gmailアカウント)とパスワードを入力し、同期を行う。


POsyncの入手先
 http://www.geocities.jp/bjsoftab4/



「Infoseek 内憂外患」

user-pic
0
最近のマスコミ(マスゴミ)で報道されることは鵜呑みにできないと思っている。そんなことは分かっているという人もいるだろうが、多くの普通の人はTVのニュースや新聞の報道を信じている。

そんな中で、「Infoseek 内憂外患」(http://opinion.infoseek.co.jp/)は信頼できる情報を発信しようとしているサイトの一つと思われる。

1  2  3  4