2008年9月アーカイブ

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)
ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

ナイチンゲールの沈黙(上) ナイチンゲールの沈黙(下)   
「チーム・バチスタの栄光」の続編が文庫化されたので読んでみた。
主人公(田口公平)も現場(東城大学医学部付属病院)も同じだが、前作(医療ミステリー)とは全く違うジャンルの読み物だった。

期待したジャンルと違うということに加え、話の展開がやや冗長でワクワク感がなく、一気に読むことができなかった。
また、入院患者の子供が好きだという「ハイパーマン」の設定(酔っぱらわないと変身できないという「バッカス」など)や、厚生労働省官僚白鳥圭輔が子供とこの件でクイズを出し合う場面では、いい加減嫌気がさしてきた。10歳の子供相手の台詞で「第3セクター」とか「管財人」「拠出金」等々、そんな言葉が通じるはずがないでしょ!
ということで途中で読むのをやめてしまった。

つくづく前作が素晴らしいと、続編にも大きな期待を寄せてしまうのだと認識した。

 http://www.yafo.net/blog/2008/02/post-20.html


ScanSnap S510 購入

user-pic
0
前々から欲しかったPFUのScanSnap S510を購入した。
しばらく購入を躊躇していたのは、そろそろモデルチェンジするのではないか、AcrobatのVer.9が公開されたのでバンドルされるAcrobatがバージョンアップするのではないか、必ずしも安いものではないので本当に使えるのか、等々。
今回、最安値のAmazonで、いろいろなポイントをAmazonギフト券3000円分に交換してさらに安く買うことができた。

梱包を開いて実物を手に持った第一印象は、見た目よりズシリと重たいことに驚いた。
ドライバ等をPCにインストールし本体をUSB接続し、カバーを開くと自動的に電源がONになる。
トレイに手元にあった印刷物を「読み取り面を裏、原稿上を下」にしてセット、読み取りボタンを押すとスキャン開始。
A4 1枚はそれこそあっという間に読み取り、PDF変換もほとんどリアルタイムに完了、評判通りのスキャン処理だった。
読み取り画質は目的に応じて4段階に設定ができるので、原稿に応じて考えることにしよう。

よし! これで本棚の雑誌類を読み込んで、整理ができるぞ!





















S11HTの使い勝手

user-pic
0
2008年4月にS11HTを入手した。
当初からSIMを購入する予定はなく、自宅内で無線LANでの使用を考えていた。
これまではZaurus SL-C860に無線LAN CFを挿して使っていたのだが、バッテリーの持ちが悪いため他のツールに変えたかったのだ。

S11HTの使い勝手については、あまり良いとは思えなかった。
・キーボードはそれなりに使えると思うが、キーボード状態でのソフトキーが押しづらい。これは最悪。
・スタイラスペンが非常に取り出しにくい。これも最悪。
 どうして縦状態で右下、キーボードを開いた横状態で左下がら取り出すようにしたのか理解に苦しむ。

最新のWindowsMobile OSを採用し、無線LAN、Bluetooth、キーボード付なので、非常に期待していたのだが、使い勝手が良いとは言えないため手放すことにした。

Planexの無線LANブロードバンドルーターBLW-54CW3を無線LANルーターとして使っている。
新しいファームウェアが公開されたので早速アップデートした。
http://www.planex.co.jp/support/download/router/blw-54cw3.shtml

新しいバージョンの変更点に、スピード改善も入っていたので、ちょっと期待していたが、回線スピード測定(http://www.musen-lan.com/speed/)の結果、従来の約8Mbpsから約9Mbpsになっていた。
ただ、この程度の差は、アクセス時間帯によっても影響を受ける範囲だが、今まで9Mbpsという測定値は出たことがなかったため、それなりに改善されていることは考えられる。










FUJITSU ScanSnap 購入

user-pic
0
FUJITSU ScanSnap(スキャンスナップ) S510  FI-S510
1  2  3