Hardwareの最近のブログ記事

3.11直後品薄になっていたeneloop mobile booster(KBC-L2BS)を購入した。
iPad、iPhone、スマートフォンなどに対応し、USB1口出力時に1Aを供給することができる。
USB-Aプラグ・USB-miniB型プラグのケーブル(付属)があれば、PCのUSB端子から充電ができるし、USB-miniB・MicroUSBのアダプタがあれば、Treo Proに充電することができる。
また専用ケーブルがあれば、ウォークマンへの充電も可能だ。

前々から欲しかったShure SE315を購入した。
色は、ブラックとクリアがあるが、クリアタイプ(SE315-CL-J)にした。これは好みの問題だろう。

まず、パッケージ外装。


パッケージ底面のラベルには生産国が書かれているが、メキシコ、USA、台湾、中国で分業しているようだ。


パッケージには「FOR STAGE USE」と記載されている。


イヤーパッド(イヤーチップ)は、最初は「ソフト・フォーム」が付いている。スポンジのようなもので、装着前に指で潰して耳に押し込み、装着後耳の中で元に戻り密着するものだ。個人的にこれは好きではないのでシリコンラバーの「ソフト・フレックス」に交換しようとしたのだが、なかなか固くて取り外せない。少しずつこじるように外したら変形してしまった。


イヤーチップが外れにくいように、ステムに引っ掛かりがあるのだ。


「ソフト・フォーム」「ソフト・フレックス」とも、サイズはS、M、Lの3種類。「ソフト・フォーム」の裏側には凹みが付いていて、サイズの区別ができるようになっている。


「ソフト・フレックス」のMサイズを取り付けて快適に使っている。耳の中に押し込む必要はなく軽く耳栓ををする感じに装着する。これでも遮音性は抜群だ。
いわゆる「シュア掛け」をするため、ケーブルを耳の後ろに回すのだが、ケーブルが太く固くなっているため、形状を保ってくれる。
 






先日購入したShureのSRH840には標準でカールコードが付属しているのだが、キャンペーンでストレートケーブルプレゼントが行われている。購入後すぐに応募していたのだが、本日届いた。



ブラザーMFC-830CLNのファームウェアを更新した。

バージョン 2.5.0
- Windows® 7 対応

更新日: 2009/01/29   Ver.N  (現在の最新バージョンです)
- 電源スイッチで電源をオフした時の不具合修正
- 雷によるダメージを想定した強化対策


ダウンロードファイル名
 Pack_Main0J250.exe
同じShureのSRH840にするか、SRH440にするかで大いに悩んだ結果このSRH840を購入した。実際に聞き比べた訳ではないが、実物の音を聞いてその解像度の高さにビックリし満足した。今は購入したばかりでほとんどエージングしていない状態だが、今後の音質の変化を楽しみにしている。

 
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11