MTにありそうでないのが、記事を複製する機能だ。

で、見つけたのがDuplicateEntry1.24というプラグインで、ウェブページやブログ記事を他のブログに移動したり複製したりすることができるようになるものだ。

MT5.02で動作確認済みとのことだったが、MT7での動作も確認できた。

ブログ記事一覧で、記事をチェックして「複製または移動」を選択してGOでOKだ。
DuplicateEntry.jpg


パーティションツールは、それほど頻繁に利用するツールではないが、HDDのメンテンナンス(ドライブサイズの変更、バックアップ)やPC買い替え時のデータの移行には有効だ。
特に最近ではHDDに代わってSSDが安価になってきているため、HDD内容をOSごとSSDに移行するようなこともあり得るので、必要なツールだろう。

今回「MiniTool Partition Wizard 無料版 12」を試用する機会があったためレポートする。

<MiniTool Partition Wizardのダウンロード>
MiniToolのサイト(https://www.partitionwizard.jp/free-partition-manager.html)から「無料版」をダウンロードする。
インストールファイルは、pw12-free.exeだ。

<MiniTool Partition Wizardのインストール>
pw12-free.exeを実行すると、インストールプログラムの選択が表示されるが、ここでは2つともチェックを入れておいた。
また、マルウェア検出ソフトは拒否した。
PW12-free_inst1.jpg  PW12-free_inst2.jpg

<MiniTool Partition Wizardの起動>
起動するとHDDのパーティション使用状況が表示される。
PW12_Partition1.jpg

ここで気になったのが、C:とD:の間にあるパーティションだ。
ダブルクリックすると「パーティションエクスプローラー」で中を見ることができる。
PW12_PartitionExp.jpg
どうやらリカバリー領域のようだ。自分で作ったのだろうが記憶にない(笑)。
おそらくWindowsの「回復」機能を使ってバックアップを取ったときに作成されたものと思われる。

また、USBの外付けのHDDとUSBメモリを接続すると、瞬時に認識された。
PW12_Partition2.jpg

<MiniTool Partition Wizardの機能>
上部にメニューボタンがあるので順に確認していく。

1)バックアップ
同時にインストールした「MiniTool ShadowMaker」が起動して、ディスク、パーティション、フォルダ、ファイル単位でバックアップができるようになっている。

2)データ復元
ディスクからすでに削除されたパーティションからファイルを復元する機能である。 
試しに、C:ドライブをスキャンしてみたが、かなり昔に削除したパーティションにまで遡って、復元可能なファイルが見つかった。
実際にファイルを復元するためにはプロ・デラックス版以上でなければならないようなので試すことはできなかった。
PW12_DataRecovery.jpg

3)ディスクのベンチマークテスト
PW12_Benchmark.jpg

4)ディスクの使用状況分析
スキャンを開始すると若干(実際はかなり)時間がかかるが、ディスク内のファイルを調べて、フォルダ単位やファイル単位で占有率・サイズが表示される。
PW12_Analyzer1.jpg

また、フォルダービューにして検索機能を使うとかなり高速で目的のファイルを探し出すことができる。
PW12_Analyzer2.jpg

<パーティションのリサイズ>
実際の作業として、C:ドライブの「パーティションのリサイズ」を行ってみた。
C:ドライブの元サイズは、330.71GB(使用済140.49GB)だ。
PW12_Resize1.jpg

約100GB小さいサイズに変更してみることにした。
PW12_Resize3.jpg

メッセージが表示されるので「今すぐ再起動」を選択すると、リサイズ操作は1分程度で完了した。
その後、Windows再起動後に確認すると、C:ドライブは、230.52GB(使用済140.47GB)となり、未割り当て領域100.19GBができていた。
PW12_Resize5.jpg

<気になったこと>
PC起動時にShadowMakerの次のようなメッセージが表示される。
PW12_SM.jpg

スタートアップ時にSMMonitor.exeというプログラムが起動しているようなので、メッセージが出ないようにするには、タスクマネージャーで「無効」にすれば良い。

メインPCのHDDをSSDに換装したが、起動もアプリケーションの動作も早く軽くなり超快適になった。

元は1TBのHDDをC:ドライブとD:ドライブに分割して使っていた。
これを、500GBのSSDをC:ドライブにし、1TBのHDDはD:ドライブだけにした。

従来:
WD 1TB HDD  C:ドライブ+D:ドライブ

変更後:
WD 500GB SDD C:ドライブ
WD 1TB HDD  D:データドライブ

手順
1)シャットダウンしACコンセントを抜き、SSDを空きSATAポートに接続して再起動する。
2)パーティションツール(AOMEI Partition Assintant Standard Edition 6.1)で、HDDのC:をSSDにパーティションコピーする。
3)シャットダウンしACコンセントを抜き、HDDをSATAポートから外して再起動する。
4)無事SDDからWindows 10が起動したが、起動時間が非常に速い!
5)シャットダウンしACコンセントを抜き、HDDをSATAポートに接続して再起動する。
6)BIOSでブートドライブをSDDに設定して、Windows 10を起動する。
7)パーティションツールで、SSDをC:ドライブに、HDDの旧C:ドライブをドライブ番号なしの非アクティブ領域にした。
メインとして使っているPCは、ShuttleのベアボーンPC SH67H3だ。
CPUは、Intel Core i7 2600K 3.40GHz(開発コード名Sandy Bridge)という2000番台の第2世代の古いCPUだ。
最近、特に起動時のHDDアクセス負荷が高くて落ち着くまでに時間がかかるなど、使い勝手が良くない。
そこで、最新のCPUにアップグレードしようと思ったのだが、LGA1155というソケットのため2000番台と3000番台のCPUにしか対応していないことがわかった。
また、Shuttleのマザーボードは独自仕様のため、microATXやMini-ITXなどのマザーボードに乗せ換えることができないこともわかった。
つまり、最新のCPUを使うためには、SH67H3から他の新しいPCに乗り換えるしかないということがわかった。

現在の一番の問題が、起動時のHDDアクセス負荷が高いことなので、一旦SSDに換装してみることにして、WDの500GBのSSDを注文した。

FTPクライアントソフト FFFTP

| コメント(0)
従来からFTPクライアントソフトは、FFFTPを使ってきた。 
利用しているのはVer.1.96cというかなり古いものだったが、実用上何の問題もなかったので使い続けてきた。

ちょっと気になって、最新版を調べるとVer.4.7になっていたので、インストールしてみた。
UIもほとんど変わらず、ホストの設定もそのまま引き継がれたので使ってみたのだが、アップロード後にブラウザ(Firefox、Chrome、IE、iPhoneのSafariのいずれでも)で開くと文字化けが発生してしまった。

Ver.1.96cのときは、文字コードのことはほとんど気にすることなくアップロードできていたが、理由は不明である。
ネット情報を調べていくつか対策を施してみたが、文字化けは治らないため継続使用を断念した。

Ver.4.7をアンインストールして、Ver.1.96cを再インストールしたが、ホストの設定が残っていたので安心した。
ただし、各ホストの接続用パスワードは再設定する必要があった。

FFFTPのSota氏による最新版はVer.1.97bで、下記からダウンロードできる。
XREAサーバ上には、MT3~MT7までの異なるバージョンをインストールしている。
・MT3.35
・MT4.25
・MT5.2.13
・MT7 r.4607

下記画像では、「mt3」「mt4」「mt5」「mt7」というディレクトリがあるが、実際には利用したいバージョンのディレクトリを「mt」にリネームしている。

ブラウザで、mt.cgiを実行すれば、MTの管理画面にアクセスできる。
Xrea_Structure.jpg

で、現実的にどのバージョンが使いやすいかというと、いまのところMT5だ。
MT5_NewEntry.jpg

新規にブログ記事を作成する際の表示幅が若干広いこと、テンプレートなとの修正をする際に右側にタグリファレンスなどが表示されることなどが理由である。
また、ネットで検索するとMT5に関する記事が多いので、参考にできることも理由である。

ちなみに、MT7で新規にブログ記事を作成する際は、次のような画面となる。表示幅が狭い。
MT7_NewEntry.jpg

なお、MT3では「YAFO's Blog」が認識されず、MT4では再構築時にエラーが出るため使えない。

ブロク再開

| コメント(0)
YAFO's Blogの修復が終わったので、ブログを再開する。

過去の休止中の記事は随時追加していく予定。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)


ドタバタの中にも魅力的な表現がある

町田市をモデルにしたまほろ市で便利屋を営む多田のもとに、高校の同級生だった行天が舞い込んできたところから話が始まる。どちらもバツイチだが、お互いに込み入った事情を持っている。また、同級生とは言っても仲が良かったわけではなく、多田は行天に負い目を持っている。話は、いろいろ訳ありの2人が繰り広げるドタバタのような内容なのだが、随所にそれだけではないと思わせるような表現が含まれており、どこか魅力的である。続編も入手済みなのですぐに読むつもりだ。

----
内容(「BOOK」データベースより)
まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。

東京難民(上) (光文社文庫) 東京難民(下) (光文社文庫)


お気楽な主人公には嫌悪感さえ覚える、また下巻は手抜きとしか言いようがない

読めば読むほど気が滅入ってくる内容だが、上巻は割とテンポよく話が展開するためあっという間に読み終えた。ただ、下巻になると苛立たしさを感じるようになってきた。 冒頭にシャッター商店街の定食屋が何の前触れもなく閉店していたというところから始まるのだが、このような突然のことが主人公にも起こってしまう。実家の両親が失踪し気ままな学生生活からフリーター、さらにはホームレスになってしまうのだ。当初お気楽に考えていたためかバイトもうまくいかず、恋人も友人にも不義理をして別れてしまう。ホストや日雇いをする羽目になるところで、下巻の1/3になったのだが、中国マフィアからの逃亡や予知能力のある浮浪者の登場で嫌気が差し、そこが限界で読むのを止めた。作者としてはどうやって話を終わらせようかと苦心したのかもしれないが、手抜きと言われても仕方のない出来である。
全体を通して、主人公のお気楽さ、危機意識のなさ、ルーズさには嫌悪感さえ感じた。

----
内容(「BOOK」データベースより)
時枝修は、東京郊外にある私立大学の三年生。夏休み明けにクラス担任から告げられたのは、学費未納で除籍になるという寝耳に水の事実だった。北九州の実家では、借金を抱えた両親が失踪。貯金はないに等しい。アルバイトを転々とする中、家賃滞納で住居も追い出されてしまう。追いつめられる修。だが、それはまだ、底なしの貧困と孤独への入口に過ぎなかった―。

旅のラゴス (新潮文庫)


SF的小説だがそれだけにはとどまらない不思議な話だ

著者の名前はもちろんよく知っていたが、作品を読むのはこれが初めてである。
話は突然始まる。遊牧民の話かと思っているといきなり集団で転移(いわゆるワープ、瞬間空間移動)をするという話が出てきて驚いた。また、他人や動物の意思を察知できる能力や浮遊能力を持つ者も登場する。こういうところからSF小説に分類されるのだろうか。
主人公はラゴスという若者だが、何者でなぜ旅を続けているのかは、なかなか明らかにされない。行く先々でいろんな困難に会うが、人柄や能力を認められ、(特に女性に)好感を持たれ、それを乗り越えていく。南の国で旅の目的地と思われるところにたどり着くのだが、そこでやっとラゴスのいる世界がどういうものかが分かってくる。
おそらく、現在の地球人が滅びて、生き残った者が他の惑星に移住して、文明を持ち始めた時期の世界だ。その南の国には、かつて栄えた地球人が残した宇宙船、多くの書物が残されていて、ラゴスはそれを求めて旅をしていたのだ。数年をかけて多くの知識を吸収して生まれ故郷の北方都市に帰り、一気に高度な文明や技術が普及するのを懸念しつつも文明の伝達に努める。
しかしやがて、若い頃旅の途中で会ったデーデという女性(当時は少女)のことが忘れられず北へと旅立っていく。すでに70歳に近くなってからの旅なので死出の旅とも言える。 決してわくわくどきどきするような話ではないが、人生=旅ということ、男はロマンを追いかけるものだなどということを考えさせられた。

----
内容(「BOOK」データベースより)
北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス。集団転移、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?異空間と異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生と文明の消長をかっちりと構築した爽快な連作長編。