Windowsの最近のブログ記事

表の各セルの文字数に応じて列幅を変更したいことがあるが、縦罫線をドラッグして幅を広げると、広げた分だけ右隣のセルの幅が狭くなってしまう(図2)。結局順次セル幅を広げなくてはならなくなる。

解決方法
・[Shiftキー]を押しながら縦罫線をドラッグすると、右隣のセルの幅はそのままで表全体の幅が広くなる(図3)。
・[Shiftキー]と[Ctrlキー]を押しながら縦罫線をドラッグすると、表の幅はそのままで右側のすべてのセルの幅が均等になる(図4)。

図1:元の表


図2:右隣のセルの幅が狭くなった


図3:[Shiftキー]を押しながら縦罫線をドラッグ


図4:[Shiftキー]と[Ctrlキー]を押しながら縦罫線をドラッグ


Wordの左端の欄外に「行番号」を表示させることができる。
長い文章(論文など)を作成するときや、複数の人にチェックや校正をしてもらうときなどに「○ページの□行目」などと具体的に指摘をしてもらえるので便利だ。

設定方法
1.メニューの「ファイル」→「ページ設定」→「その他」タブ→「行番号」ボタン
2.「行番号を追加する」をチェック→OKボタン
文書を印刷してみると、2枚目に文章が少しだけ溢れることがある。そのまま印刷すると見栄えが悪く、気分的にスッキリしない。

設定方法
「印刷プレビュー」表示で「1ページ分圧縮」ボタンを押すと、文章部分のスペースを圧縮して、ちょうど1ページに収めてくれる。



Windows PowerShell

user-pic
0
会社のPC(Vista)のメニューの中に「Windows PowerShell 1.0」というのがあった。
特にインストールした覚えもないのだが、起動してみたところコマンドプロンプトの機能拡張版のようだ。
起動後ipconfigを実行した画面の比較が下図だが、表示される内容は同じだ。

<コマンドプロンプト>


<PowerShell>


Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_PowerShell)より
Windows PowerShellは、マイクロソフトが開発した拡張可能なコマンドラインインターフェース (CLI) シェルおよびスクリプト言語である。オブジェクト指向に基づいて設計されており、.NET Framework 2.0を基盤としている。かつてはMicrosoft Shell(MSH、コードネームMonad)と呼ばれていた。
Windows XP、Windows Vistaに対応しており、Microsoft Windows 7 から標準で含まれている。

なお、Windows PowerShell 1.0のドキュメントは下記フォルダに保存されていた。
C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\Documents

オープンソース版Eudoraのversion 8.0b6を使い始めた。

今まで使っていたEudoraからのデータインポート
・[Tools]→[Import]→[Import Everything]にチェック→[Eudora]にチェック

データ保存先の変更
デフォルトではC:\Documents and Settingsの深いところに保存される
・[Tools]→[Account Settings]→[Local Folders]→[Local directory]を変更する


添付ファイル保存先の変更
デフォルトではC:\Documents and Settingsの深いところに保存される
データ保存先に合わせて変更する
・[Tools]→[Options]→[Attachments]タブ→[Save all attachments to this folder:]を変更する


プレビューで既読にならないように変更
デフォルトではプレビューで既読になってしまうので、そうならないように変更する
・[Tools]→[Options]→[Advanced]タブ→[Reading & Display]タブ→[Automatically mark messages as read]のチェックを外す

1  2  3  4  5  6