2010年3月アーカイブ

古い曲だけど、今でも古さを感じさせないと思う。

キャンディ
http://www.youtube.com/watch?v=lkVyC_yKMPo

てぃーんずぶるーす
http://www.youtube.com/watch?v=go_CdBEKrPI

野良猫の糞に悩まされていたのだが、ペットボトルに水を入れても効果なし。
ふとレギュラーコーヒーの殻を撒いてみたところ、効果覿面(てきめん)だった。
猫も臭いに敏感らしく、コーヒーの臭いを嫌うものと思われる。


"City Nights" by Tierra

user-pic
0
1980年頃のアルバムだ。LPを持っていたのだがすでに手放した。
TogetherやMemoriesがお薦め。



1. Street Scene
2. Together
3. Memories
4. Latin Disco
5. Gonna Find Her
6. Givin' Up On Love
7. Time To Dance
8. Zoot Suit Boogle

Together
http://www.youtube.com/watch?v=6Y3iVdWjXpk

Memories
http://www.youtube.com/watch?v=f6qIAJTPw1Q

誰も書けなかった国会議員の話 (PHP新書)


若手参議院議員の著者が、平易な目線で国会の内部と自身の議員活動について語った本だ。
川田氏が、実名を公表し薬害エイズ訴訟の原告として活動したことは知っていたが、参議院議員になったこともはっきりとは知らなかった。本書を読んで、自らの経験をもとに日本の医療行政を変えたいという強い信念を持って参議院議員になったということが良く理解できた。また、一般の国民は知らない国会周辺の様々な事情も知ることができた。
主張の一つ「参議院は全員無所属にすべき」には賛成したい。良識の府と言われるが、実態は与党対野党という数の論理で成り立っている。また、議員や秘書が元の職場に復職できる仕組みも必要と感じた。
多数党・会派に所属していないため希望する厚生労働委員会には参加できず環境委員会に参加しているそうだが、素直に頑張って欲しい。
なお、奥さんがあの堤未果さんだということを初めて知った。

最後に一言苦言を挙げれば、本書では一人称として「ボク」を使っているのだが、これには大いに違和感を感じた。30を過ぎた良い大人が、しかも国会議員である著者が使う言葉ではないのではないか。親近感を与えるなどと思っているのだとすれば大きな間違いだ。普通に「私」という言葉を使うべきだろう。

<マスコミに関する記述>
重要法案が国会を通過するときに派手な事件が起こり、マスコミの報道はそれ一色になってしまう。重要なことを国民に知らせないように警察が動き、マスコミがそればかりを報道することが多い。
・海賊退治法案が衆議院を通過した日に、SMAPメンバーが深夜の公園で全裸になったという事件が起こった
・2003年有事法制の審議中に、福井県周辺に白装束の集団が出現したという報道に消されてしまった
・2002年熊本地裁でハンセン病判決が出たときも、浅草でレッサーパンダの帽子をかぶった通り魔事件の容疑者逮捕の報道ばかりになった
・1995年薬害エイズ裁判の和解勧告が出たときも、翌日オウム真理教幹部が逮捕された







----
内容紹介
十九歳のとき、薬害エイズ訴訟の原告として注目を浴びた青年は、いま国会議員として何を目指しているのか。十五年前に感じた政治不信の根源を絶つべく、永田町に身を置き奔走する日々を率直に綴る。 なぜ国は動かないのか。市民のいのちや暮らしを守るための法律成立を阻むものの正体とは。少数派の声にも耳を傾け、与党・民主党にも迎合しない姿勢を貫く。政権交代が実現させたいま、「政治は自分たちで変えることができる、という自信を一時の夢で終わらせないで下さい」と有権者たちに呼びかける。そのためにも、政治から目を離さないことが肝要である。さらに、議員ムラ永田町の実態をレポート。「居眠り議員はなぜ多い?」「法案の中身も知らずに投票?」「野次がうまい議員は?」をはじめ、 国会食堂、無料パス、給料のウソ・ホントなど内輪話も興味深い。また、自身の生い立ちから結婚までのエピソードも披露。政治家と有権者の距離がぐっと近くなる好著である。

----
内容(「BOOK」データベースより)
十九歳のとき、薬害エイズ訴訟の原告として注目を浴びた青年は、いま国会議員として何を目指しているのか。十五年前に感じた政治不信の根源を絶つべく、永田町に身を置き奔走する日々を率直に書き綴る。なぜ国は動かないのか。市民のいのちや暮らしを守るための法律成立を阻むものの正体とは―。少数派の声に耳を傾け、与党・民主党にも迎合しない姿勢を貫く。さらに、国会食堂や無料パス、給料のウソ・ホントなど、議員ムラ永田町の内輪話も興味深い。政治家と有権者の距離がぐっと近くなる好著。
昨年Walkman購入時に3%割引になるためソニーカードに入会した。
しかし、先日「今年6月から年会費1312円が利用有無にかかわらず有料となる」という通知が届いたため、退会することにした。
従来は、年1回利用(金額はいくらでも良い)すれば年会費は無料だったので、とりあえず入会していたのだが、さすがに年会費を確実に取られるということになると、入会し続ける意味がない。

1  2