2009年9月アーカイブ

週刊誌は死なず (朝日新書)

 

ジャーナリズムというと新聞やテレビを考えがちだが、週刊誌などの雑誌も立派な(高尚なという意味ではなく一翼を担っているという意味で)ジャーナリズムであることを再認識した。
週刊誌というと、政治や芸能に限らずスキャンダルや興味本位な記事、ヌードと下ネタが連想されるが、「書かない新聞、書けないテレビ」で報道されない隠れた真実を公表するという重要な役割を担い「国民の知る権利」に応えてきた。客観報道主義という名目で記者クラブに依存してお上から提供される情報のみを横並びで伝達するだけの新聞、広告スポンサーの顔色をうかがい踏み込んだ報道ができないテレビという実態がある以上、その穴を埋める週刊誌ジャーナリズムは必要である。「たかが週刊誌、されど週刊誌」という開き直りと、「タブーに挑み疑惑に踏み込む」という報道姿勢によって、現に重要な役割を果たしてきたということだ。
本誌の中でも、いろいろな雑誌名が出てくるが、自分自身、学生時代は「平凡パンチ」か「週刊プレイボーイ」、その後「週刊ポスト」か「週刊現代」、最近は「週刊文春」が「週刊新潮」というように年代によって読む雑誌が変わってきている。趣味や職業によっても読みたい雑誌は変わってくると思われるため、多くの雑誌が存在する理由は分からなくもないが、正直なところ数が多すぎて過当競争になっているような気はする。休刊は残念だが、継続している雑誌には頑張って欲しい。

----
内容(「BOOK」データベースより)
新聞では書けない、テレビでは言えないことをやり、国民の知る権利に広く応えることが、週刊誌ジャーナリズムの原点である。だが、雑誌を取り巻く環境は急激に変わりつつある。続々と休刊に追い込まれ、発行部数も減少の一途をたどっている。名誉毀損による高額の訴訟が増え、週刊誌はタブーに挑戦しなくなった。これからの週刊誌ジャーナリズムがどう生き残るか、「日本で一番危険な編集者」が熱く問う。

----
目次
第1章 史上初週刊誌シンポジウム開催
第2章 週刊誌をめぐる現状
   ノンフィクションの新たな胎動
   「週刊新潮」問題を検証する
第3章 週刊誌ジャーリズムの原点
   出版社系週刊誌の誕生とその時代
   「新聞」vs.「週刊誌」ジャーナリズム
第4章 「スキャンダリズム」を武器に
   権力者たちの嘘を暴く
   皇室報道と菊のタブー
第5章 タブーへの挑戦
   体制化したジャーナリズムへの批判
   芸能人のプライバシー問題
   「ヌード」もニュースである
   週刊誌が発信した大スクープ
第6章 週刊誌が生き残る道
   氾濫するネット情報との差別化
   雑誌規制と名誉毀損裁判
   なぜ週刊誌をなくしてはいけないのか
第7章 対論「週刊誌は死んではいけない」
   佐藤優×元木昌彦

政治家失格―なぜ日本の政治はダメなのか (文春新書)

 

タイトルと内容が必ずしも一致していないと感じたが、非常におもしろく読んだ。
正直なところ政治には興味はなかったし、誰が首相になっても同じと思っていたのだが、さすがに小泉以降の政治の状況はなんとかしてほしいとういう気持ちだ。民主党政権に変わったが今後どうなるかはまだ不透明だ。このような状況で読んでみようと思った次第。
内容は、時事通信社政治部記者の筆者が、30年間を振り返って書いたもので、第1章では、田中角栄以降の政治家を実名で挙げてその実像を述べている。細かいところまで書けないが、なるほどと納得するところがあった。
「はじめに」の中で、総理大臣は代表取締役社長と同じで、「情報収集と分析」「統治(ガバナンス)」「対策」の3つの能力が必要と述べている。社長自ら政策立案、政策実行はできないのは当然のことで、閣僚に誰を任命し、どう動いてもらい、その下の官僚組織にどう仕事をさせるかを考えるのが総理であろう。第1章に登場する政治家(小泉、麻生は除く)は、善し悪しはあるがそれぞれ特徴的な能力を発揮して、過去の政権を運営していたわけであり、それに比べると最近の総理大臣は信念というか、自分自身の筋が通っていないように思える。
この点について、フジテレビで放映されたキムタク主演の「CHANGE」を例に、総理大臣の理想像を説明している部分は分かり易かったと思う。

----
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
二代連続の政権投げ出し、ねじれによる国会の不全...経済の非常時に政治が機能しない。政治劣化の原因は政治家なのかシステムなのか。政治取材三十年の経験をもとに徹底的に論考する。
----
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 かつて政治家がいた
  「風圧」田中角栄/「運用」竹下登/「デザイン」金丸信/「軍師」梶山静六/「操縦」橋本龍太郎、小渕恵三/「言葉」小泉純一郎/「あやふや」麻生太郎
第2章 人かシステムか
第3章 政権交代  「選挙」小沢一郎/民主党/小沢以前、小沢以後/民主党にまかせて大丈夫か/自民党は生き延びられるか
第4章 『CHANGE』に見る理想の総理像
第5章 政治報道
終章 明日の政治のため

知人から懐かしいお土産をいただいた。「いっこっこう(一口香)」だ。
長崎の茂木が発祥のお菓子だ。



堅めに焼き上がった一口香をかじると、中味は空洞で黒砂糖風味の蜜が固まったものが付いている。初めて食べる人は中味がないと言って驚くそうだ。


茂木一まる香本家
 http://www.mogi105.com/

先週末九州に出張し、空港の売店で「にわかせんぺい(二〇加煎餅)」をおみやげに買って帰った。
荷物が大きくならないように「ミニ箱」を買った。
中味は1/4サイズのせんぺいが3枚、顔が皆違っていた。箱と同じ一番上の顔が良いけど。
 

それから、おまけのお面も健在だった。


懐かしい東雲堂のCM
 http://www.toundo.co.jp/cm/index.html

日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書)

 

民主党が衆院選で自民党を破り政権交代を果たした、まさにこのような時期に敢えて冷静に読みたい。政治とは政治家とはどうあるべきか、近年の日本の政治や政治家はどうだったのかを考えるきっかけになると思う。
この本は発売当初店頭で見かけておもしろそうだと思ったものの、編者の「ゴーマニズム宣言」や「わしズム」などに引っかかりを感じ、購入を躊躇していたものだ。いつのまにかベストセラーになっていたのには驚いたが、遅ればせながら読んでみた。
内容は、20人の識者からのアンケートを元にランキングをつけ、ワースト10人についてそれぞれ一人の識者が解説をするというものだ。識者とはいっても名前も知らない方が多かったので調べてみたところ、保守というよりはかなり右傾した方々が多いようである。冒頭座談会の中の宮内省格上げ、宮内大臣の名誉職化の話にはついていけないものを感じた。公正な立場からの意見ではなく批判する立場からの意見なので、若干割り引いて理解する必要があるようだ。
しかしながら、タイトルには「売国」、裏表紙には「凶器の書」など過激な言葉を並べて「売らんかな」精神が押し出されているのは奇異である。また、この本のほとんどは編者の文章ではないので、目障りな「わし」という一人称を目にすることは少ない。

----
内容(「BOOK」データベースより)
本当は誰もが政治家に期待している。いまこそ国会議員には働いてもらわねばならない。だが彼らの多くは「国家の名誉と安全を守ってほしい」という国民の最低限の願いすら打ち破く。それならば「売国奴」「国賊」という激烈な言葉で政治家を襲撃しようではないか―。学者・言論人へのアンケート集計で、最悪の「売国政治家」10人を選び出し、彼らが誰に国を売ったか、どんな罪を犯したか、なぜ彼らを許してはならないかを徹底検証した凶器の書。

----
目次(「BOOK」データベースより)と執筆者
序論 売国政治家とは何か?(小林よしのり)
第1部 座談会 売国政治家と呼ばれる恥を知れ(長谷川三千子/高森明勅/富岡幸一郎/勝谷誠彦/小林よしのり)
第2部 10人の売国政治家を検証する!
 河野洋平―単なる談話で日本を「性犯罪国家」に貶めた(八木秀次)
 村山富市―万死に値する「国民見殺し」「自国冒涜」の罪(高森明勅)
 小泉純一郎―「改革」で日本の富と生命を米国に差し出した(関岡英之)
 小沢一郎―「ねじれ現象」を生んだ無節操な国賊(西尾幹二)
 中曽根康弘―靖国問題をこじらせた元凶(大原康夫)
 野中広務―自虐外交の嚆矢となった「不戦決議」(潮匡夫)
 竹中平蔵―日本国を構造破壊し共和制に導く経済マフィア(木村三浩)
 福田康夫―無為、無内容、無感情(潮匡夫)
 森喜朗―保守を絶滅に追い込んだ背後霊(勝谷誠彦)
 加藤紘一―戦後レジームの滑稽なゾンビ(西村幸祐)
第3部 私が断罪する売国政治家―アンケート公開

1  2  3