2010年11月アーカイブ

環境再構築とは言っても、ハードを初期化して再インストールする必要はなく、Spbバックアップファイルを使ってリストアすれば良い。
保存してあるSpbバックアップファイルを探したところ、なんと日付は2009/8/30だった。ということは、1年以上前のバックアップなので、その後の変更には対応していないということになるため、若干の不安は残るが、初期化・再インストールする気力がない・・^^;

手順は、
・PimBackupによる最新PIMデータのバックアップ
・Spbバックアップファイルのリストア
・PIMバックアップファイルのリストア
・2009/8/30以降の変更点反映





半年以上ハード的にもソフト的にも、この上なく安定使用できていたTreo Proだが、昨日突然下記MMSのエラーが出るようになった。
 プッシュ
 メッセージ用コミュニケーションチャネルのオープンに失敗しました
原因は不明だが、MMSの送受信ができなくなった。



保存してあったレジストリデータをインポートしたが修復できないため、環境再構築をすることにした。


泣かない小沢一郎が憎らしい



ブレない政治家小沢一郎に大いに期待する

小沢一郎ほど一般の人に嫌われる政治家も珍しいと思っていた。正直なところ、私も昔は小沢一郎が好きではなかった。それは、テレビや新聞で誰も彼もが悪い奴だと言っていたのを真に受けていたということだけであって、具体的にどこがどう嫌いだと言えるわけではなかった。
昨年「国民の生活が一番」というキャッチフレーズで民主党への政権交代を実現したにもかかわらず、検察やマスゴミから執拗にバッシングされ、ついに強制起訴議決を受けてしまった。しかし一方では、熱烈な小沢支持者がいるという事実があり、やはりきちんと小沢一郎について知っておく必要があると思ったことが、この本を読んだ理由だ。本書は筆者世川行介氏が、自身のブログ「世川行介放浪日記」を元にまとめたものだ。
本書の中で盟友「ぼく」として「かれ」について独白しているのは羽田孜氏である。ともに69年初当選で羽田孜氏は7歳年上であるが、「つとむちゃん」「いっちゃん」と呼び合う仲で、いつも一緒に行動し周りからは双子のようだと言われたそうだ。
田中角栄にかわいがられ(このときいわゆるどぶ板選挙の指南を受けた)、経世会に所属、自民党幹事長にも就任した。経世会の田中角栄はロッキード事件、竹下登はリクルート事件、金丸信は東京佐川急便事件で失脚した。これが後々も「政治とカネ」でバッシングされる一因となっている。
しかし、当時から日本に「真の民主主義を定着させる」という政策を掲げて現在まで一貫して活動をしている。自らの政治理念に一途ゆえに、新生党代表幹事、新進党幹事長、自由党党首、民主党副代表・代表・代表代行・幹事長などを経て、剛腕、壊し屋とか権力に執着しているなどと言われながらも現在も変わらぬ活動を続けている。「打たれて地べたに叩きつけられても、無言で起き上がって衣服の泥を払っては歩き出す」という人物なのだと「ぼく」は言う。
印象に残ったのは、当初は活動を共にしながら途中で袂を分かち離反していった政治家たちが、人一倍小沢批判をするようになるということだ。それは政治理念などの問題ではなく、小沢氏に対する妬みや僻みなどの低レベルの問題のようである。この顕著な例は渡部恒三の言動を見れば明らかである。
一方では、羽田孜さん、二見伸明さん、平野貞夫さんなど、心から小沢氏を支えて応援する人達もいる。最近では検察・マスゴミ等の小沢バッシングに疑問を感じる人達が増えており、市民団体などによるデモも行われるようになっている。これらの動きがさらに盛り上がり小沢首相誕生が実現することを期待する。

----
内容(「BOOK」データベースより)
誰も、「かれ」の"本当の姿"を知らない―。盟友の独白。ネット世界を騒然とさせた小沢論、待望の書籍化。
サントリー ザ・プレミアム・モルツ 幸福な余韻キャンペーン第2弾で当選した「2010年新ホップ使用・初仕込製品」が到着した。1ダース(12缶)、非売品だ。




参考記事:
  http://www.yafo.net/blog/2010/08/post-58.html

人類を幸せにする国・日本(祥伝社新書218)



店頭で見かけて即購入した。無意識のうちに明るい話題を求めていたのだと思う。井沢氏も終章で「日本は元気をなくしている、そんな状況の日本人に活を入れたい」という気持ちで書いたと述べている。
日本人が人類の幸福と発展のために貢献してきた役割は非常に大きいが、そのことを当の日本人が一番知らない。もちろん、イギリスBBC放送が行った「世界に貢献している国」として2006年から3年連続で日本がダントツだということも知らない。
著者は、ものづくり、食べ物、日本文化、国際貢献の各分野ごとに、日本人が作り上げて世界に広めた技術や文化を詳細にレポートし、日本人に「自信を持て」と呼びかけている。自動車や電気製品など日本製品が世界中で使われていることはよく知られているが、それは日本企業が「自社の利益のため」にやっていることであって、「世界に貢献しているとは言えない」と思いがちだ。エコノミックアニマルという言葉のように自虐的に考えてしまうところがある。しかし、企業の利益も上げながら、世界中の人達が便利な生活を送れるように貢献していると考えるべきなのだ。
そして本書の最後では、今後日本が開発すべき技術として、iPS細胞による再生医療、生活サポートロボット、海水淡水化を挙げており、さらに世界に先駆けて高齢化社会の模範スタイルを作れば良いと述べている。
さらにもう一点、原子力発電に関して、日本には唯一の被爆国として原子力発電も許さないという考え方があるが、世界規模で今後のエネルギー需要を考えると、原発が建設されるのは間違いない。そういう前提で、より安全な原発が建設されるように日本が率先して原子力発電の安全性向上に取り組むべきという意見を述べているが、この意見には大いに賛同する。

----<br />
内容(「BOOK」データベースより)<br />
「他の民族は科学や技術を、戦争の武器のように自分の利益を追求する道具にしている。けれど、日本人はそれを人類を幸せにするために使ってきた」。 そう主張する著者は、日本人の発明発見によるモノが、いかに世界の幸福に貢献したかを独自の史観で検証する。ホームビデオ、トランジスタラジオ、電卓、ウォークマン、新幹線、乾電池、胃カメラ、カラオケ、インスタントラーメン・・。 これらが出現する以前と以後では、人々の暮らしは一変し、もう元の不便な生活には戻れなくなった。 過去だけではなく、iPS細胞、次世代ロボット、海水淡水化など、世界が期待を賭ける新技術は、輝かしい未来を約束している。 『逆説の日本史』に見る井沢史観に裏打ちされた、ユニークな日本人論!
日本史を独自の史観で分析してきた井沢元彦が、戦後の日本の成長の秘密に切り込みます。なぜ日本人は奇跡の経済成長を成し遂げたのか。そのヒントが本書にあります。

1  2  3