Shure SE315-CL-J イヤホン購入

| コメント(0)

前々から欲しかったShure SE315を購入した。
色は、ブラックとクリアがあるが、クリアタイプ(SE315-CL-J)にした。これは好みの問題だろう。

まず、パッケージ外装。


パッケージ底面のラベルには生産国が書かれているが、メキシコ、USA、台湾、中国で分業しているようだ。


パッケージには「FOR STAGE USE」と記載されている。


イヤーパッド(イヤーチップ)は、最初は「ソフト・フォーム」が付いている。スポンジのようなもので、装着前に指で潰して耳に押し込み、装着後耳の中で元に戻り密着するものだ。個人的にこれは好きではないのでシリコンラバーの「ソフト・フレックス」に交換しようとしたのだが、なかなか固くて取り外せない。少しずつこじるように外したら変形してしまった。


イヤーチップが外れにくいように、ステムに引っ掛かりがあるのだ。


「ソフト・フォーム」「ソフト・フレックス」とも、サイズはS、M、Lの3種類。「ソフト・フォーム」の裏側には凹みが付いていて、サイズの区別ができるようになっている。


「ソフト・フレックス」のMサイズを取り付けて快適に使っている。耳の中に押し込む必要はなく軽く耳栓ををする感じに装着する。これでも遮音性は抜群だ。
いわゆる「シュア掛け」をするため、ケーブルを耳の後ろに回すのだが、ケーブルが太く固くなっているため、形状を保ってくれる。







コメントする

このブログ記事について

このページは、yafoが2011年2月12日 20:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「長崎土産 湯せんぺい・福砂屋のカステラ」です。

次のブログ記事は「Treo Pro NetFrontでDNSエラー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。