XREAサーバのMTのインストール状況

| コメント(0)
XREAサーバ上には、MT3~MT7までの異なるバージョンをインストールしている。
・MT3.35
・MT4.25
・MT5.2.13
・MT7 r.4607

下記画像では、「mt3」「mt4」「mt5」「mt7」というディレクトリがあるが、実際には利用したいバージョンのディレクトリを「mt」にリネームしている。

ブラウザで、mt.cgiを実行すれば、MTの管理画面にアクセスできる。
Xrea_Structure.jpg

で、現実的にどのバージョンが使いやすいかというと、いまのところMT5だ。
MT5_NewEntry.jpg

新規にブログ記事を作成する際の表示幅が若干広いこと、テンプレートなとの修正をする際に右側にタグリファレンスなどが表示されることなどが理由である。
また、ネットで検索するとMT5に関する記事が多いので、参考にできることも理由である。

ちなみに、MT7で新規にブログ記事を作成する際は、次のような画面となる。表示幅が狭い。
MT7_NewEntry.jpg

なお、MT3では「YAFO's Blog」が認識されず、MT4では再構築時にエラーが出るため使えない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、yafoが2020年5月19日 11:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブロク再開」です。

次のブログ記事は「FTPクライアントソフト FFFTP」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。