メインPCのアップグレード検討

| コメント(0)
メインとして使っているPCは、ShuttleのベアボーンPC SH67H3だ。
CPUは、Intel Core i7 2600K 3.40GHz(開発コード名Sandy Bridge)という2000番台の第2世代の古いCPUだ。
最近、特に起動時のHDDアクセス負荷が高くて落ち着くまでに時間がかかるなど、使い勝手が良くない。
そこで、最新のCPUにアップグレードしようと思ったのだが、LGA1155というソケットのため2000番台と3000番台のCPUにしか対応していないことがわかった。
また、Shuttleのマザーボードは独自仕様のため、microATXやMini-ITXなどのマザーボードに乗せ換えることができないこともわかった。
つまり、最新のCPUを使うためには、SH67H3から他の新しいPCに乗り換えるしかないということがわかった。

現在の一番の問題が、起動時のHDDアクセス負荷が高いことなので、一旦SSDに換装してみることにして、WDの500GBのSSDを注文した。

コメントする

このブログ記事について

このページは、yafoが2020年5月19日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FTPクライアントソフト FFFTP」です。

次のブログ記事は「500GBのSSDに換装して超快適!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。